ATセミナー 2008 | セミナー | 名古屋大学 宇宙論研究室(C研)

ATセミナー 2008

Japanese ver. only

4月 | 5月 | 6月 | 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 | 1月 | 2月 | 3月


*プレゼンテーションファイルは研究室内部ネットワークのみで閲覧可能です。

2019 | 2018 | 2017 | 2016 | 2015 | 2014 | 2013 | 2012 | 2010 | 2009 | 2008 | 2007 | 2006 | 2005 | 2004 | 2003 | 2002 | 2001 | 2000 | 1999

4月のセミナー

発表者
横山 修一郎

日程/場所
4月22日(火)16:30-@B404

題名
Trispectrum and bispectrum of primordial curvature perturbations

概要
The non-Gaussianity of primordial curvature perturbations has been focused on as a new tool to discriminate inflation models. If perturbations are depart from pure Gaussian, the non-Gaussianity affects higher order correlation functions, for example, three-point correlation functions (bispectrum) or four-point correlation functions (trispectrum). In this work, we study the trispetrum of primordial curvature perturbations for some solvable models by using \delta N formalism.

5月のセミナー

発表者
高橋 龍一

日程/場所
5月13日(火)16:30-@B404

題名
Covariance Matrix for Baryon Acoustic Oscillation from Numerical Simulations

概要
We perform cosmological N-body simulations to generate a large number of mock catalogues for WFMOS surveys of BAO. We run a lot of realizations to measure the covariance matrix of the non-linear power spectrum. The precise covariance matrix is crucially important for the likelihood analysis (such as \chi^2 analysis and Fisher matrix). We calculate the covariance matrix in both real and redshift space and compare it with the theoretical prediction of the perturbation theory.

発表者
黒柳 幸子

日程/場所
5月27日(火)16:30-@B404

題名
A numerical study of the primordial magnetic field amplification by gravitational waves

概要
We numerically study the amplification of inflation-produced magnetic fields by gravitational waves which also originate from quantum fluctuations during inflation. Our result clarifies its behavior at the horizon and shows that the magnetic fields are most amplified when each mode enters the horizon. However, the amplification is quite small, which is consistent with the analytical estimation from the previous work by Zunckel et al. (2006).

6月のセミナー

発表者
徳谷 碧

日程/場所
6月3日(火)16:30-@B404

題名
21 cm radiation

概要
To understand the evolution of high redshift universe, the process of reionization is important. One of the theoretical ways to observe reionization era is to observe 21 cm radiation from neutral hydrogen atoms. It is thought that the scattering of UV photons, especially Lyman-alpha photons, contributes to the radiation. Today, I introduce previous works about the radiative transfer equation for Lyman-alpha photons.

発表者
Bartosz Lew

日程/場所
6月10日(火)16:30-@B404

題名
Tests of the statistical isotropy of the CMB data. Is the CMB modulated?

概要
It has been suggested that the well-known large-scale anomalies in the CMB data could be explained in light of a specific modulation multiplicative or additive signals that of which nature might be either cosmological or instrumental. A non-uniform power distribution across the sky has also been reported at high significance level, and was noticed that the anomaly is well described by dipolar modulation field of the large scale CMB fluctuations.
In my talk I will revisit the issues of the large scale statistical isotropy violations in context of their statistical significance and and summary the results of the ongoing project aiming on estimation of the related modulation parameters using Maximum Likelihood methods.

発表者
白石 希典

日程/場所
6月17日(火)16:30-@B404

題名
lepton asymmetry and neutrino cosmology

概要
"Lepton asymmetry" is inseparably connected with neutrinos' cosmological behavoir and it can be quantified by neutrinos' degenerate parameters (=chemical potential/temperature). Therefore determining neutrino degeneracies more accurately is very important task to resolve leptogenesis. So mainly, in this week's AT seminar, I'll explan how to limit them and the relationship to some properties of neutrinos and discuss new interests for this research. And if we have time after our cosmological talk, I'll talk about CERN's present state and my assignments.

発表者
Yuki Watanabe (Texas Univ.)

日程/場所
6月20日(金)15:00-@B404

題名
Toward understanding of the complete thermal history of the universe:Probing the early universe by gravitation

概要
We show that the energy density spectrum of the primordial gravitational waves has characteristic features due to the successive changes in the relativistic degrees of freedom during the radiation era. These changes make the evolution of radiation energy density deviate from the conventional adiabatic evolution, rho_r~ a^{-4}, and thus cause the expansion rate of the universe to change suddenly at each transition which, in turn, modifies the spectrum of primordial gravitational waves. We take into account all the particles in the Standard Model of elementary particles. In addition, free-streaming of neutrinos damps the amplitude of gravitational waves, leaving characteristic features in the energy density spectrum. Our calculations are solely based on the standard model of cosmology and particle physics, and therefore these features must exist. Our calculations significantly improve the previous ones which ignored these effects and predicted a smooth, featureless spectrum.
We also show that reheating of the universe occurs spontaneously in a broad class of inflation models with f(phi)R gravity (phi is inflaton). The model does not require explicit couplings between phi and bosonic or fermionic matter fields. The couplings arise spontaneously when phi settles in the vacuum expectation value (vev) and oscillates, with coupling constants given by derivatives of f(phi) at the vev and the mass of resulting bosonic or fermionic fields. This mechanism allows inflaton quanta to decay into any fields which are not conformally invariant in f(phi)R gravity theories.

発表者
林 昌宏

日程/場所
6月24日(火)17:00-@B404

題名
Dark Energy or New Gravity?

概要
Recent observation suggest that the universe expansion is accelerated. Modifying the gravity is one of the solution for this problem. Since distance r(z) and growth factor g(z) are sensitive to expansion and gravitational history, investigating these values may distinguish Dark energy and modified gravity model.

7月のセミナー

発表者
佐藤 正典

日程/場所
7月1日(火)16:30-@B404

題名
Ray-tracing simulation of weak gravitational lensing by large scale structure.

概要
Ray-tracing simulation is a method of propagating light's, calculating the effect of gravitational lens effect on light path and examining what structure light has passed. By tracing the light path,therefore we can constrain cosmological parameters and survey region. In this seminar, I talk our simulation design and present progress report of lens simulation.

発表者
高橋 慶太郎

日程/場所
7月2日(水)10:30-@B404

題名
宇宙磁場の生成と観測

概要

発表者
古川 智則

日程/場所
7月8日(火)16:30-@B404

題名
The model of explaining cosmic acceleration

概要
The cosmic acceleration can be explained not only by dark energy model but also modified gravity model.However, the relation between the expansion history and the growth rate is different in these models. So, I talk about differentiating between these models.

発表者
正木 彰伍

日程/場所
7月15日(火)16:30-@B404

題名
Galactic substructure and local dark matter density

概要
Nowadays, there are a large number of experiments to detect dark matter particles in the Milky Way halo directly. Predictions for the event rates for direct detection experiments depend on the local dark matter density. Generally,it is assumed simply that dark matter is smoothly distributed in the halo with radial profile , and with local dark matter density fixed by Milky Way dynamics to be 0.4GeV/cm^3. But, it has become clear in recent years from N-body simulations that the distribution of dark matter in the halo is not perfecly smooth and there are numerous dark matter substructures in the halo. To constrain the property of dark matter from the results of direct detection experiments, we need to estimate the effect of substructures on the local dark mater density. And because of resolution limits for simulations, we need analytic models to do so. I will show you such an analytic approach derived by Kamionkowski and Koushiappas('08).

8月のセミナー

9月のセミナー

10月のセミナー

発表者
野尻 伸一 (Q研)

日程/場所
10月9日(木)14:00-@B404

題名
F(R)-gravity

概要
暗黒エネルギーの模型として、アインシュタイン重力の作用をスカラー曲率 R の一般の関数に置き換えた、いわゆる F(R)-重力理論が近年盛んに研究されている。このレビューを行 い、最近の発展について紹介する。

発表者
松原 隆彦

日程/場所
10月16日(木)14:00-@B404

題名
宇宙の大規模構造におけるバリオン音響振動の非線形理論

概要
宇宙の大規模構造におけるバリオン音響振動の精密測定を用いたダークエネルギーサーベイが今後の天文観測の主要なターゲットのひとつになっているが、それまでに克服すべき理論的課題として非線形効果の解明がある。最近ダークマターの非線形性成長については精密な定量的研究が進んでいるが、それだけでは不十分で、赤方偏移空間へのマッピングと銀河バイアスにおける非線形効果も同時に解明しなければ実際の観測に対応させることができない。この問題を解析的に調べることは極めて難しいと考えられてきたが、最近、ハローバイアスを非線形摂動論に自然な形で組み入れた上で、赤方偏移空間の非線形パワースペクトルを予言する理論的手法を発見した。この理論の概要を説明する。

発表者
南部 保貞 (CG研)

日程/場所
10月23日(木)16:00-@B404

題名
Acoustic Black Hole in Plasma Flow

概要
A black hole is an astrophysical object and from which no light ray can escape due to its extreme strong gravity. An analogue system of black hole can be realized in a laboratory system using a transonic ?ow. On such a ?ow, no sound wave can escape from the supersonic region into the subsonic region and the sonic point corresponds to the event horizon of the black hole. We propose an analogue model of the black hole using a plasma ?ow. Creating a well of the plasma potential by extracting ions, one dimensional transonic plasma ?ow can be realized. We ?nd the ?ow becomes a sonic analogue of the black hole if the depth of the well is about the electron temperature. We estimate the expected temperature of the acoustic black hole and the signal of the classical counter part to the Hawking radiation.

発表者
市來 淨與

日程/場所

題名
宇宙構造形成におけるニュートリノの役割とニュートリノ質量への観測的な制限について

概要
ニュートリノは宇宙に最も多く存在する粒子の一つであり、宇宙の大規模構造の形成・進化において重要な役割を担っている。本セミナーでは、小さくとも有限の質量を持ったニュートリノが宇宙の構造形成に与える影響について概観した後、現在の宇宙論的観測からどのような制限が得られているかについてまとめる。特に私たちが進めている遠方銀河の弱重力レンズ効果の観測からの新しい制限について報告したい。

11月のセミナー

発表者
竹内 努 (Ω研)

日程/場所
11月6日(木)14:00-@B404

題名
The Cosmic Star Formation from Multiwavelength Observations

概要
Based on GALEX and IRAS/Spitzer observations, we have found that that more than 90% of the star-forming activity in the Universe is hidden by dust at z = 1 (Takeuchi et al. 2005). To explore this issue, we have performed a combined bivariate analysis of the galaxy sample in FUV and FIR. We found that, from z = 0 to 0.7, there is no prominent evolution of galaxy opacities. Namely, the rapid increase of the FIR luminosity density is simply caused by the increase of star formation rate (SFR), because the SFR is positively correlated with opacity (Buat et al. 2008). However, at z = 1, we found a drastic increase of hidden population of galaxies, i.e., we miss a significant fraction of star formation activity from FUV. We also analyzed FIR galaxy number counts and cosmic IR background (CIRB) by a newly implemented empirical model (Takeuchi & Ishii 2008). We discovered that a very rapid rise and fall of the FIR galaxypopulation is required to reproduce galaxy counts at IR (Spitzer 24, 70, and 160um and AKARI 90 and 160um) and millimeter (AzTEC/ASTE 1.1mm). The IR galaxy population has a peak of their activity at z = 1-2, and then a very sharp decrease is necessary to be consistent with all the observations. This picture is consistent with our FUV-FIR analysis result. We may show some possible scenarios to explain these results.

発表者
林 昌宏

日程/場所
11月27日(木)14:00-@B404

題名
弱い重力レンズ効果を用いた修正重力理論の検証

概要
近年の観測により、宇宙の膨張が加速していることがわかってきた。宇宙論の主要な課題の一つは、この加速膨張の原因を説明することである。一般的には、負の圧力を持ったダークエネルギーという成分を採り入れることにより対処しているが、重力を通してしか加速膨張の証拠を見ることができない以上、重力理論を修正することを考えなければならない。ここでは、宇宙の加速膨張を説明することのできる修正重力理論の一つであるDGPモデルをとりあげる。今回は、弱い重力レンズ効果を用いた手法により、DGPモデルと普通の一般相対性理論モデルと区別できる可能性のある方法を紹介する。

12月のセミナー

発表者
高橋 龍一

日程/場所
12月4日(木)14:00-@B404

題名
バリオン音響振動から宇宙パラメターを推定する際の非ガウス誤差の影響

概要
我々は宇宙論的な数値シミュレーションを用いて、銀河分布のバリオン音響振動の非線形進化を研究している。現在、5千個のリアライゼイションを用いて、マターパワースペクトルの共分散行列を求めた。密度揺らぎが線形の場合、パワースペクトルの誤差はガウス誤差に従うが、小スケールでは重力の非線形進化によるモード結合で非ガウス誤差の影響が現れれる。本講演では、シグナルノイズ比と宇宙パラメターの推定に対する非ガウス誤差の影響を議論する。

発表者
佐々木 節 (基研)

日程/場所
12月11日(木)16:00-@B404

題名
Non-Gaussian Perturbations from Multi-brid Inflation

概要

発表者
横山 修一郎

日程/場所
12月18日(木)14:00-@B404

題名
Statistical Anisotropy, Non-Gaussianity, Iso-curvature, and Gravitational Waves in Multi-Component Inflation

概要
近年の観測技術の進展により、我々は、現在の宇宙像だけでなく初期宇宙モデルに対しても制限/決定できるようになってきた。特に宇宙背景輻射(CMB)温度ゆらぎや大規模構造形成(LSS)の観測の進歩はめざましく、これまでそして今後の観測により、%-levelの精度で初期宇宙モデルに対して制限が可能となることが期待される。一方、理論的側面においては、素粒子物理学に基づいた初期宇宙モデル構築が進んでおり、これまでの標準的でシンプルなシナリオからより複雑化、多様化したモデルが考案されている。このような現状のもと、我々は実際に観測されるCMB温度ゆらぎやLSSの種とされる初期ゆらぎに対して様々な理論的予測を行うことが重要である。今回は、多成分場が存在する初期宇宙モデルにおけるゆらぎの発展とその観測的帰結に関するこれまでの研究と今後について議論する。

1月のセミナー

発表者
黒柳 幸子

日程/場所
1月8日(木)12:30-@B404

題名
Finding evidence of reheating on the inflationary gravitational wave background

概要
インフレーションを起源とする宇宙背景重力波は、将来的に直接検出が可能になれば初期宇宙を探る新たな観測対象として強力な情報源になることが期待されている。特に将来実験として計画されているDECIGOやBBOが対象にする周波数域には宇宙再加熱時に宇宙の膨張則が変化した痕跡が残されている可能性があるため、再加熱について背景重力波から情報を得ることは将来計画における魅力的な目標の一つである。これまでの研究では宇宙膨張の発展を数値計算でインフレーション期から現在まで追うことによって、背景重力波のスペクトルの形を解析的手法よりも正確に求めることを可能にした。今回はこの計算結果を用いて将来実験での背景重力波の検出可能かどうかSN比を計算し、特に再加熱がスペクトルに与える影響に重点をおき将来的に背景重力波からその情報を得ることが可能かどうかを議論する。

発表者
徳谷 碧

日程/場所
1月15日(木)16:00-@B404

題名
The escape fraction of ionizing photons from high redshift galaxies

概要
高赤方偏移での宇宙の様子を知るために、未だ観測されていない宇宙再電離時の様子が重要となる。宇宙論的シミュレーション結果を用いて、初代星によって形成された電離領域の進化を追うことで宇宙再電離時の様子を見てきた。一方、より大規模な電離の様子を調べる試みがなされている。大規模での電離の様子を追うためには、星形成銀河からIGM(銀河間物質)へ電離光子が脱出する割合(escape fraction)が必要となる。今回はz~5.5-6でのescape fractionを制限したSrbinovsky & Wyithe 2008 (arXiv:0807.4782)を紹介する。

発表者
高橋 慶太郎

日程/場所
1月22日(木)13:00-@B404

題名
cosmic stringによるCMBのnon-Gaussianity

概要

発表者
林 昌宏

日程/場所
1月29日(木)14:00-@B404

題名
修論発表練習

概要

2月のセミナー

発表者
福来 正孝 (宇宙線研)

日程/場所
2月5日(木)14:00-@B404

題名
Cosmology from Cosmic Energy Inventory & SDSS

概要

発表者
向山 信治 (IPMU)

日程/場所
2月26日(木)14:00-@B404

題名
Phenomenological and conceptual issues with ghost condensate

概要

3月のセミナー

発表者
佐藤 修二 (Z研)

日程/場所
3月6日(金)14:00-@B404

題名
光と大気の窓コロー

概要

発表者
山内 大介 (基研)

日程/場所
3月11日(水)14:00-@B404

題名
Evolutionary effects in one-bubble open inflation for string landscape

概要
The open inflationary scenario is attracting a renewed interest in the context of string landscape. Since there are a large number of metastable de Sitter vacua in string landscape, tunneling transitions to lower metastable vacua through the bubble nucleation occur quite naturally, which leads to a natural realization of open inflation. Although the deviation of density parameter from unity, the effect of this small deviation on the CMB anisotropies might be significant. We argue that the effect of the small deviation of the density parameter on the large angle CMB anisotropies may be significant for tensor-type perturbation in open inflation scenario. We will find that for tensor-type perturbation the wall fluctuation mode gives significant contribution even in string landscape and the square amplitude is determined not by the Hubble of the false vacuum directly but by that of the true vacuum even for steep potential case.

発表者
M1

日程/場所
3月12日(木)10:00-@B404

題名
佐藤
白石
古川
正木
村田(Ω研)

概要

発表者
瀬戸 直樹 (京大)

日程/場所
3月13日(金)14:00-@B404

題名

概要

発表者
早崎 公威 (基研)

日程/場所
3月13日(金)16:00-@B404

題名

概要

▲ Top